セミナーK

■ こつこついっしょうけんめい ■

【青森県立高校入試問題■理科■平成26年2014年第6問】

【6】ひかるさんとまことさんは,理科室で5枚の資料を見つけた。

調べてみると,資料1~4は天気図の一部,資料5は青森市の気象データをまとめたものであった。また,資料3は資料5と関係があることがわかった。
【会話文】は,2人がこれらの資料を見ながら話した内容である。

f:id:SeminarK:20190715155315p:plain

青森県立高校入試■理科H26-6


【会話文】
ひかる: 資料1の季節は冬だよね。
まこと: なぜそう思うの。
ひかる: それは,冬型の特徴である[ 1 ]の気圧配置だからだよ。


まこと: 資料2の太平洋上にある大きな高気圧は,太平洋高気圧だよね。
ひかる: そうだね。太平洋高気圧は,[ 2 ]気団という大きな空気のかたまりにできる高気圧だね。


まこと: 資料3と資料4は,連続した天気図のようだね。
ひかる: うん。こんなふうに日本付近では高気圧や低気圧が西から東へ移動するからね。
まこと: どうして西から東へ移動するんだろう。
ひかる: それは,中緯度付近の上空に,[ 3 ]が吹いているからだよ。


まこと: それにしても、「理科室で5枚の資料を見つけた」「調べてみると」ってさ、ボクら2人だけで忍び込んで、いけないものでも見たのか?


ひかる: しかも秘密の侵入の割にはその場で長々と会話してさ、不自然な設定だよね。出題者の国語的センスを疑うね。

 


問(1)

つべこべ言わずに[会話文]の中の[ 1 ]~[ 3 ]に入る適切な語を書きなさい。

 

 

自然で日常的な流れの会話になるよう、わかりやすく改編しました...って、おい。